自動的に ping 送信してくれるプラグイン Smart Update Pinger

10月 13th, 2011 カテゴリー wpプラグイン

Smart update pingerはWordPressのPingの処理をカスタマイズできるプラグインです。

WordPressには記事投稿時のping機能が備わっていて、記事投稿・編集時にPingが送信されます。
しかしこれでは、pingサーバー側でスパムと判断され、拒否される可能性もありますので、Smart Update Pingerは、新規記事の投稿時だけpingを送ってくれるプラグインです。

送信時のログも残るのでちゃんと送れたかどうか、ping送信先が生きているか死んでいるかの判断材料にもなります。



1)下記サイトより日本語版をダウンロードします。

http://plasticdreams.org/archives/2006/05/27/1219/smart-update-pinger/
※右クリックで「名前をつけてリンク先を保存」でダウンロード



2)プラグインのアップロード

「smart-update-pinger.php.zip」というファイルがダウンロードされますので、解凍します。このフォルダを/wp-content/plugin/ にアップロードするのですが、ログ用のファイルもアップロードします。
smart-update-pinger.phpの174行目あたり
$logfile = ABSPATH."wp-content/smart-update-pinger.log";

と書いてあります。たぶんここをいじればログファイルの保存ディレクトリも変更できるのだろうけど、今回はデフォルトのままにします。
/wp-content/ に smart-update-pinger.log というファイルをアップロードします。
そして有効化!



3)「設定」に「Smart update pinger」が追加されてますので、設定します。



赤枠の部分を変更すると、pingの送信先を変更できます。
ちなみに、赤枠部分と、「設定」⇒「投稿設定」⇒「更新情報サービス」の中身は同期してました。

ちなみに今現在設定したping送信先一覧


http://rpc.weblogs.com/RPC2


http://rpc.pingomatic.com/


http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates


http://ping.rss.drecom.jp/


http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC


http://blogsearch.google.com/ping/RPC2


http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2


http://rpc.reader.livedoor.com/ping


http://ping.fc2.com


http://ping.rss.drecom.jp/


『ping 送信を有効にする』にチェックが入っていたらすでに動作しているみたいです。

『今すぐpingを送信!』を押すと記事の投稿に関係なくpingを送信できます。




ping送信後はログを確認することができます。

何度もエラーが出るpingサーバーは稼動していないか拒否をされているので、削除して投稿時間の効率を上げた方がいいでしょう。

以上です!!

Sponsored Links

コメント

コメントする

  1. […] ワードプレス Smart Update Pingerの設定方法!! 自動的に ping 送信してくれるプラグイン Smart Update Pinger […]

  2. […] 私がセッティングの際に参考にしたウェブサイトはコチラping 送信してくれるプラグイン Smart Update Pinger-初心者プログラマー奮闘記【WordPress】Ping機能を強化!プラグインSmart update pinger- […]

コメントする

Eメールアドレスは公開されません。