2)インストールした後に、すぐやる設定 – hetemlのサーバでEC-CUBE(2.11.3)を使ってみる

10月 28th, 2011 カテゴリー EC-CUBE2.11

「インストールできて、サイトが表示された~」と浮かれたいところなんですが、もう少しやらなければいけないので、すぐに『インストールした後に、すぐやる設定』を行ないます。




メールの設定を変えます。


C-CUBE からご注文確認メールを受け取るには、『 MAIL_BACKEND 』を変更する必要があります。EC-CUBEの管理画面にログインし、「システム設定」→「パラメータ設定」へと進みます。




初期設定では「smtp」となっておりますので、「mail」と入力し、ページ下部の「この内容で登録する」ボタンを押してください。




これで注文確認メールを受け取れます。




ベーシック認証をかけます。

このままですとURLがわかってしまえば、どこからでもアクセスできてしまうので、ベーシック認証をかけます。


まずはローカルに、『htaccess.txt』と『htpasswd.txt』というファイルを作成します。そして、『htaccess.txt』を開いて以下を記述します。
#.htpasswd(パスワード)までをフルパスで設定します。
#変更するのは、AuthUserFileの行のみです
AuthUserFile /home/sites/heteml/users111/a/b/c/example/web/test/.htpasswd

#グループを認証。意味あるのかは不明。
AuthGroupFile /dev/null

#認証画面の領域に表示される内容。
AuthName "ID and password input please"

#慣例としていつも使ってます、意味はわからないのです。
AuthType Basic
require valid-user

#.htpasswdと.htaccessへのアクセス禁止!
<Files ~ "^.(htpasswd|htaccess)$">
    deny from all
</Files>
※サイトパスのがわからない場合は、hetemlのコントロールパネルから確認できます。
「ドメイン・メール設定」 → 確認したドメインの「詳細を見る」



次は、『htpasswd.txt』です。

まずは「ユーザ名」と「パスワード」を考えます。
なるべく、サイトや自分と関係ない文字要素の方が良いと思います。
決まったら、以下サイトのwebサービスでパスを生成します。
htpasswd用パス作成ツール – phpspot


先ほど考えた、「ユーザ名」と「パスワード」を入力し、『作成』ボタンを押します。
すると、下に文字列ができますので、それをコピーし『htpasswd.txt』に貼り付けて保存します。


ここまでできたら、後は『htaccess.txt』と『htpasswd.txt』を任意の場所にアップします。
ちなみに今回は
「/web/test/」 の直下におきました。
その時ファイル名は
『htaccess.txt』→『.htaccess』
『htpasswd.txt』→『.htpasswd』
に変更します。

こんな感じになると思います。


これで、「 http://test.example.com 」以下にアクセスすると認証画面が表示されるようになります。


※もし、認証画面が出てこないようでしたら、「AuthUserFile」が間違っている可能性がございますので確認してください。
※ベーシック認証を設定している時は検索エンジンに登録されません。クローラーへのアクセスを拒否している状態なので。





.ftpaccess を設定する

hetemlでは『.ftpaccess』が利用できるので設定します。特定の接続元からのみFTP接続を許可することができますので、EC-CUBEじゃなくてもhetemlを利用するのであれば設定した方が良いです。

設定の仕方は、heteml公式サイトで紹介されてますので参照ください。
.ftpaccess について


※以前、モデムの電源を切って電源を入れ直したらFTPの接続ができない時があったのですが、その時IPが変わってすぐに『.ftpaccess』が影響しているとは気づかず困りました。heteml FTPかSSHでも.ftpaccessの編集は可能です。
※IPアドレスが固定でないと使えませんので注意!





基本情報管理の設定

「基本情報管理」を選択し、各種店舗情報を設定します。
入力した情報の一部は、『当サイトについて』『特定商取引に関する法律に基づく表記』のページや注文完了画面、お客様に送信されるメールなどに反映されます。





取り急ぎこんなとこでしょうか。



3)PHP5.3にする – hetemlのサーバでEC-CUBE(2.11.3)を使ってみる
hetemlのサーバでEC-CUBEインストール~公開までの道のり

Sponsored Links

コメントする

Eメールアドレスは公開されません。