4)URL「wwwあり」「wwwなし」の設定 – hetemlのサーバでEC-CUBE(2.11.3)を使ってみる

10月 28th, 2011 カテゴリー EC-CUBE2.11

URLが「http://www.sample.com/」と「http://sample.com/」のように、2つに分かれてしまっている場合、検索エンジンにとっては別のページとして認識されてページが分散されてしまうので、SEO的に非常~~によろしくありません。
他にも被リンクが分散にてしまったり、検索エンジンに重複コンテンツとして認識されてしまう事もあります。
「wwwあり」か「wwwなし」のどちらで運用するか決め、301リダイレクトを使用してURLを統一します。
(今回はサブドメインで動かしているので、設定しませんでした。)

「.htaccess」ファイルに以下を記述いたします。

「wwwあり」の場合

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

「wwwなし」の場合
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www.example.com)(:80)?
RewriteRule ^(.*) http://example.com/$1 [R=301,L]

※ドメインは自分のものに置き換えてください。

これでOKです。



5)カスタマイズ用のテンプレートを追加します-hetemlのサーバでEC-CUBE(2.11.3)を使ってみる
hetemlのサーバでEC-CUBEインストール~公開までの道のり

Sponsored Links

コメントする

Eメールアドレスは公開されません。