5)カスタマイズ用のテンプレートを追加します – hetemlのサーバでEC-CUBE(2.11.3)を使ってみる

10月 28th, 2011 カテゴリー EC-CUBE2.11

EC-CUBEはテンプレートファイルを「パソコン」「モバイル」「スマートフォン」用にそれぞれ持っています。最初はデフォルトのテンプレートを使っているので、新しくカスタマイズ用のテンプレートを追加したいと思います。
wordpressと同じようにフリーのテンプレートや有料のテンプレートもあるようですが、標準のカスタマイズを行なった時の備忘録にしたいので、今回はデフォルトのテンプレートを追加します。


テンプレートファイルの構成

今はこんな感じです。


それではいきます。



1)テンプレートファイルをダウンロードします。


「デザイン管理」→「PC」→「テンプレート設定」を選択します。





「ダウンロード」を選択します。




『tpl_package_default_20111028****.tar.gz』というファイルがダウンロードされますので保存します。



2)テンプレートをアップロードします。


「デザイン管理」→「PC」→「テンプレート追加」を選択します。





テンプレートを追加します。



  • テンプレートコード:テンプレートのディレクトリ名です。(テンプレートコードは英数字のみ)
  • テンプレート名:管理画面上で管理するテンプレート名(日本語可)
  • テンプレートファイル:先ほどダウンロードしたファイルを指定します。(tpl_package_default_20111028****.tar.gz)
全て入力したら、『この内容で登録する』をクリック!
何も問題なければそのままアップロードされます。



「デザイン管理」→「PC」→「テンプレート設定」を選択します。



先ほどアップロードしたテンプレが追加されていますので、チェックを入れ『この内容で登録する』をクリックします!



実際に『data/Smarty/templates/originalPC/』内のtplファイルを修正して反映されていればOKです。
今後PCサイトのデザイン変更や、プログラム変更が必要な場合は『data/Smarty/templates/originalPC/』以下のファイルを編集していきます。

※モバイル、スマートフォンも同様に作業します。
※元々のデフォルトテンプレートをカスタマイズしていくのでも良いのですが、何かあった時にすぐ戻せる・確認できる為にデフォルトは残しとく事にしました。




6)動的URLを静的URLに変更する(PCサイト)-hetemlのサーバでEC-CUBE(2.11.3)を使ってみる
hetemlのサーバでEC-CUBEインストール~公開までの道のり

Sponsored Links

コメントする

Eメールアドレスは公開されません。