さくらのVPSを使ってみる【3】 – Apacheをインストールする

7月 21st, 2011 カテゴリー さくら VPS

Apache のインストールと初期設定をおこないます。


1)Apache のインストール

最初にApacheインストールされているか確認します。
# rpm -qa httpd
#
無いですね。

Apacheが無いのでインストールを行ないます。
ソースから自分でコンパイルする方法があるらしいのですが、まだハードルが高そうなので、コマンド一発で済むので、yum でパッケージからインストールする方法にしたいと思います。

インストールコマンド
# sudo yum -y install httpd

一応、アンインストールの場合
# sudo yum remove httpd

インストールしたらバージョンの確認をします。
# rpm -qa httpd
httpd-2.2.3-45.el5.centos.1
# httpd -v
Server version: Apache/2.2.3
Server built:   May  4 2011 06:51:15



2)Apache の初期設定(httpd.conf)

Apache の設定ファイルとなる httpd.conf を編集しますので、とりあえずhttpd.confのバックアップをとってから作業を進めていきます。

# sudo cp /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd_110720.conf
# sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf


初期状態では OS 名が返される。OSのバージョンを表示させないように変更。Prod を指定するとレスポンスヘッダには Server: Apache という名前しか返されない。
# Don't give away too much information about all the subcomponents
# we are running.  Comment out this line if you don't mind remote sites
# finding out what major optional modules you are running
ServerTokens OS
↓
ServerTokens Prod


コメントアウトを解除してサーバーのホスト名を書きます。
DNS に登録していないのでIPを指定しときます。
# ServerName gives the name and port that the server uses to identify itself.
# This can often be determined automatically, but we recommend you specify
# it explicitly to prevent problems during startup.
#
# If this is not set to valid DNS name for your host, server-generated
# redirections will not work.  See also the UseCanonicalName directive.
#
# If your host doesn't have a registered DNS name, enter its IP address here.
# You will have to access it by its address anyway, and this will make
# redirections work in a sensible way.
#
#ServerName www.example.com:80
↓
ServerName XXX.XXX.XXX.XXX


Web サーバーのルートディレクトリの設定ですが、特に変更はしないのでデフォルトのままでOK。
# DocumentRoot: The directory out of which you will serve your
# documents. By default, all requests are taken from this directory, but
# symbolic links and aliases may be used to point to other locations.
#
DocumentRoot "/var/www/html"


アクセスされたディレクトリ内に DirectoryIndex で設定されたファイル ( 初期状態では index.html index.html ) が見つからない場合、ファイル一覧ページが生成されてしまうので。セキュリティ的によろしくないので、ディレクトリ内のファイル表示を無効化。
# Possible values for the Options directive are "None", "All",
# or any combination of:
#   Indexes Includes FollowSymLinks SymLinksifOwnerMatch ExecCGI MultiViews
#
# Note that "MultiViews" must be named *explicitly* --- "Options All"
# doesn't give it to you.
#
# The Options directive is both complicated and important.  Please see
# http://httpd.apache.org/docs/2.2/mod/core.html#options
# for more information.
#
    Options Indexes FollowSymLinks
↓
    Options -Indexes FollowSymLinks


エラー画面などに出力されるサーバー情報(Apacheのバージョン)を非表示
# Optionally add a line containing the server version and virtual host
# name to server-generated pages (internal error documents, FTP directory
# listings, mod_status and mod_info output etc., but not CGI generated
# documents or custom error documents).
# Set to "EMail" to also include a mailto: link to the ServerAdmin.
# Set to one of:  On | Off | EMail
#
ServerSignature On
↓
ServerSignature Off


Esc でコマンドモードに戻り、:wq で設定を保存する。そして以下のコマンドを実行し、設定に問題がないことを確認する。
# sudo apachectl configtest
Syntax OK


Apache を起動させてみる。
# sudo service httpd start
Starting httpd:                                            [  OK  ]


起動できたら ServerName に指定したアドレスにアクセスしてみる。
今回は IP にしたので http://XXX.XXX.XXX.XXX/
テストページが表示されたら成功です。





最後に OS 起動時に Apache が自動的に起動されるように設定します。
まず、以下のコマンドを実行して自動起動が有効かを調べます。
# chkconfig --list httpd
httpd           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
無効です。

chkconfig コマンドで httpd ( Apache ) を登録する。
# sudo chkconfig httpd on
# chkconfig --list httpd
httpd           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
有効になりました。


ちなみに chkconfig –list で表示される数値はランレベルと呼ばれるシステムの動作モードである。数値の表す内容は以下のようになる。
0 : シャットダウン ( システム停止中 )
1 : シングル ユーザー モード ( root のみ )
2 : マルチ ユーザー モード ( ネットワークなし )
3 : マルチ ユーザー モード ( テキスト )
4 : 未使用
5 : マルチ ユーザー モード ( グラフィカル )
6 : システム再起動


参考:Web制作 さくらのVPSに挑戦(駄文)

⇒ さくらのVPSを使ってみる【4】-MySQLをインストールする

Sponsored Links

コメントする

Eメールアドレスは公開されません。